ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

天橋立駅発

アテンダント日記

いやし  いやされ

2008/11/11

11.6(木)晴れ

633D(快速タンゴ浪漫号):西舞鶴→天橋立

(日付がずれましたがどうしても書きたくて、ごめんなさい)  

丹後神崎駅から、特別養護老人ホーム「天橋の郷」のお客様8名が乗車されました。一緒に写真を・・・と言っていただいたので何枚か一緒に撮っていただきました。

その時、女性の施設長さんから、ホームでは「天橋ロマン紀行」という歌を作詞作曲して皆んなで歌っています。

浪漫号が「奈具海岸で一旦停車したとき、ちょうどこの歌詞(沖に浮かぶは冠島沓島)に当てはまるわねー」と話してたんです。とお話ししてくださいました。

  今日は島が微かにしか見えずに残念だったのですが、お客様の全員が笑顔だったのでとても嬉しく思いました。思わず私もにっこり。

 

  「天橋ロマン紀行」 二番の歌詞です

  沖に浮かぶは 冠島 沓島    若狭の荒波 消す岬

    無双がはなの 青松ぱやし    魚がつける 豊漁に

    栗田の浜は にぎわい多し

 

 

11.8(土)くもり

633D(快速タンゴ浪漫号):西舞鶴→天橋立   

「掛川~宮津」の乗車券をお持ちのおばさま5人組に出会いました。

乗車されると、直、全員が運転席すぐ後ろに陣取り写真を撮ったり撮られたり、わいわいがやがやと、少し昔に戻られたようでとても賑やかでした。

運転士と同じ景色が見られたらちょっとテンションあがりますよねぇ・・・私だけ?

 

9672D(タンゴ悠々6号):天橋立→西舞鶴  

50人ほど乗車されると聞いていた団体さんが、70人に増えていました。突然のことで、車掌さんも私もびっくりしました。   

丹後由良までの短い区間だったのですが、

でも、沿線の案内放送を聞いて、その度に頷いてくださったり、席を移って写真を撮られたり、・・・・

下車される際には、「楽しませてもらった。」「ありがとう。頑張って。」と声をかけてくださり、お客様を癒す立場の私が反対にそのお客様の笑顔に癒されました。ありがとうございました。この次には由良川鉄橋も渡ってみてください。お待ちしております。

 

まだ、「浪漫号」「悠遊号」の乗車経験のない方どうぞご利用をお待ちしております。

                           アテンダント3人娘より


ページトップへ