ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

天橋立駅発

第2期
【入門編】
2017年1月
開講

地方創生

第2回丹鉄フォトコンテスト銀賞作品
“うみ”と“ごはん”と“れっちゃ”(ハル子 さん)

丹鉄ビジネススクールとは

丹鉄沿線を盛り上げたい、地域創生ビジネスに必要なスキルを身につけたい

第1期受講生から生まれたアイデアが、実際に鉄道イベントやビジネスに繋がりつつあることを受け、第2期の開講を決定!

2016年5~8月に開講した第1期スクールでは、地域に根付いたビジネスモデルを生み出せる人材の育成を目指し、受講生から様々なアイデアが生まれました。 第2期では、テーマ毎に約3ヶ月間のクラスを開講予定。1月から開講する「入門編」では、企画の作り方などを講義形式で学ぶ他、丹鉄沿線の現状や魅力を知るためのフィールドワークを実施予定です。講師には、WILLER TRAINS ㈱会長 村瀨茂高、 ㈱umari capital代表取締役 古田秘馬の他、外部講師や丹鉄沿線のキーマンが登壇予定!

丹鉄沿線エリアの価値向上に焦点を当て、地域の方々や、鉄道ファンの想いをビジネスに繋げる道筋を作り、アイデアを生み出す人と、そのアイデアに対する投資との両軸を繋ぐ仕組みを提供することで、継続的な地方創生の促進を目指します。

丹鉄ビジネススクール 募集要項

募集人数 25名程度
受講料 1クール(6回)一般:45,000円/学割20,000円(税込)
応募条件 特にありません
応募期間 2016年12月1日(木)~2017年1月13日(金)
  • ※上記期間内の受付とさせていただきます。先着順の選考ではございません。
    応募者多数の場合、エントリーシートの内容等で選考させて頂く場合がございます。
    選考発表1月18日頃(メールにて可否結果をお知らせいたします。)
応募方法 エントリーシートにご記入のうえ、下記メールアドレスまでご応募ください。
(郵送等では受け付けておりません。)
tetsudo-bs@willer.co.jp 担当:西川
  • ※エントリーシートにご記載いただいた個人情報は、年齢確認、参加者の選考、選考結果の連絡等、及び本ビジネススクールの運営に使用させていただき、丹鉄ビジネススクール運営事務局が管理させていただきます。
    ご記入いただいた個人情報は、エントリー申請者の同意なしに、業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。(但し、法令などにより開示を求められた場合はこの限りではありません。)
    エントリーに際しては、この点を予めご了承願います。

エントリーシートをダウンロード

カリキュラム

日程 タイトル・内容(予定)
第1回 2017年1月21日(土) ・オリエンテーション
地域ビジネスの企画の作り方、地域ビジネスとは?
第2回 2017年1月29日(日) ・各自が考える地域の課題や、アイデアの卵を発表
・地域の声を聴く。地域のキーマンに学ぶ
第3回 2017年2月4日(土) ・1Day フィールドワーク
丹鉄の駅、車両、駅周辺や地域ビジネスを視察。
★丹後くろまつ号試乗を予定
第4回 2017年2月11日(土) ・中間発表
第5回 2017年2月18日(土) ・コミュニケーションとマーケティング
第6回 2017年3月5日(日) ・最終発表
  • ※各回の開講は、宮津駅内の会議室にて13時~16時を予定(第3回を除く)
  • ※会場までの移動は、ご自身で手配・ご負担をお願いいたします。
  • ※村瀨・古田は初回・中間発表・最終発表を担当予定です。
  • ※受講料には、丹後くろまつ号への試乗など、第3回フィールドワークの費用も含みます。

講師紹介

WILLER TRAINS 会長村瀨 茂高
WILLER GROUP代表、1994年、前身である(株)西日本ツアーズを大阪市に設立。
2006年1月、WILLER TRAVELに社名変更し、高速バス「WILLER EXPRESS」事業を開始。革新的なサービスと価格で注目を集め、現在では20路線を展開。年間273万人以上の乗客数を誇る。
2015年4月、上下分離方式により誕生した、京都丹後鉄道(WILLER TRAINS ㈱)の会長も兼任。
umari代表取締役古田 秘馬
プロジェクトデザイナー。東京・丸の内「丸の内朝大学」などの数多くの地域プロデュース・企業ブランディングなどを手がける。
農業実験レストラン「六本木農園」や和食を世界に繋げる「Peace Kitchenプロジェクト」など都市と地域、日本と海外を繋ぐ仕組みづくりを行う。現在は地域や社会的変革の起業に投資をする投資会社を運営したり、農業経営者の育成プロジェクトなど地域の経営強化に携わる。

村瀨、古田は初回、中間発表、最終発表を担当する予定です。各回には専門家を招へいして開催いたします。

運営団体情報

丹鉄ビジネススクール運営事務局(WILLER TRAINS株式会社内)
お問い合わせ:tetsudo-bs@willer.co.jp 担当:西川
※メールのみの受付とさせていただきます。
丹鉄沿線の地方創生を目指す、日本初の投資型鉄道ファンド「丹鉄ファンド」を スタート
丹鉄ファンドでは全国の鉄道ファンや起業家よりアイディアを募り、そのアイディアを評価し、採用された案件に投資することで、アイディアを実現へ導きます。
より多くの方が鉄道ビジネスに関われるようになり、サービスの提供側、受け手の垣根をなくすことで、利用者に鉄道をより身近に感じていただき、丹鉄沿線地域の魅力や価値を再認識する機会を提供します。
丹鉄ファンド 詳細はこちらから(PDF)
エントリーシートをダウンロード

ページトップへ